ごあいさつ

茨城むつみ農業協同組合 代表理事組合長 岩瀨 治三郎

日ごろより組合員の皆様方のご指導、ご協力の賜物と心から厚くお礼申し上げます。また、当JAの各種事業に対しまして、多大なご理解とご協力を賜り深く感謝いたします。

現在、我が国の農業を取り巻く環境は、農業者の高齢化に伴う農家戸数の減少や担い手不足など、厳しい状況が続いています。そのような中、昨年4月に改正農協法が施行され、当JAにおいても「農業(農業者の所得増大への貢献)」「地域・くらし(地域とくらしを豊かで元気にするための協同運動の再構築)」「組織・経営(JA自己改革を実現するための組織・事業基盤の拡充強化)」の3分野を戦略の柱とした新3カ年計画を設定しJA茨城むつみの自己改革として取り組んでおります。

このような状況の下、当JAでは事業再構築(支店再編)計画に基づき、今年度4月に総和支店が、6月に古河支店がオープンしました。再編後の支店は、営農・経済関連機能、信用・共済機能を有した総合支店とし、各地区1支店を基準に計画着手を進めております。営農指導また経済渉外との連携による一体的体制で専門的な情報・サービス提供を行うことで組合員・利用者のニーズにお応えしてまいります。また信用・共済事業については、金融・共済渉外による組合員・利用者ニーズへの対応、訪問活動を強化させ更なるサービス提供の充実をはかってまいります。

また当JAは、常に組合員・地域・利用者の皆様のご要望等を十分反映させながら透明度の高い健全経営の強化に努める所存でありますので、引き続きご支援賜ります様お願い申し上げましてご挨拶といたします。

×