JA茨城むつみのフレッシュレタス

JA茨城むつみのフレッシュレタス

さわやかな風と明るい太陽を浴びて育ちました。 シャキッとしたフレッシュな食感が命です。

  • 栽培圃場
  • 収穫作業
  • 箱詰作業
  • 集荷場
  • 真空予冷
  • 市場へ出荷

レタスを使ったおいしい料理

当JAの職員が実際に作った料理の数々

レタスを使ったおいしい料理のレシピをご紹介します。

もっと詳しく見る

オリジナル専用肥料

JA茨城むつみでは、肥料の安全性にもこだわったオリジナル専用肥料を開発しました。

有機レタス春暦(10-8-6)

チッソ2.0kg、リン酸1.6kg、カリ1.2kgの成分が1袋の中に含まれております。
施肥基準量(kg/10a)

  収穫月 N P K 施肥量
11・12 20 25 20 10袋
3 20~30 25 25 12~15袋
4 15~20 20 20 8~10袋
有機レタス秋暦(8-7-4)

チッソ1.6kg、リン酸1.4kg、カリ0.8kgの成分が1袋の中に含まれております。
施肥基準量(kg/10a)

  収穫月 N P K 施肥量
秋冬 9 10 20 10 6~7袋
10 15 25 15 9~10袋
11・12 20 30 20 12~13袋
3 25 35 25 15~16袋
4 15~20 30 20 10~12袋
5 10 20 10 6~7袋

特色

有機50%を含有する「レタス、サニーレタス、グリーンカール」専用に開発された肥料で肉骨粉は使用しておらず、安全で安心な肥料です。 有益な土壌微生物の増殖を促進し、土壌の活力を高めますので、作物は健全に生育します。 組成が均一で、粒子は揃っており蒔きやすく、肥効はおだやかです。 JA茨城むつみではレタス専用オリジナル肥料を開発して野菜生産部会員全員が専用肥料を使用し、統一した品質と新鮮で安心、安全な野菜を提供していきます。
当JAから出荷されるレタスの基本的作型はこちらです。

むつみ有機オール10

[施肥基準]

対象作物 元肥 追肥
果菜類 6~8袋 5~6袋
葉菜類 5~7袋 3~4袋
根菜類 5~7袋 3~4袋

特徴

  • 良質の植物性有機を含むので、土壌中の有効微生物を促進し、作物の品質向上と増収に役立ちます。
  • 水平成分ですので、どのような作物にも施肥設計が行いやすく、また、他の肥料(単肥等)との併用も行いやすい肥料です。
  • カリは全量硫酸加里をしようしており、塩類濃度障害の心配はありません。

お問い合わせ先

  • 営農部園芸課 0280-23-2182
  • 境地区営農センター 0280-87-2116
  • 総和地区営農センター 0280-92-1820
  • 三和地区営農センター 0280-76-1717
  • 猿島地区営農センター 0280-88-0584
×